2012年09月08日

エディブルフラワー


食べられる花、食用花の事をエディブルフラワーというわけですが、
という事は春の味とされる菜の花もエディブルフラワーですよね?
つぼみを食べる野菜のブロッコリーやカリフラワー、アーティチョークも
エディブルフラワーなんでしょうか?
イチジクも実っていうかあれ花の塊ですし、エディブルフラワー?
どこまでをその範疇に含んでいいか分からなくなりますよね。
どうも、三つ葉ですこんにちは。以上が今回の話のツカミです。

なんで食用花の話かといいますとね、花オクラなるものを貰ったからです。
オクラはなく、花オクラ。トロロアオイの花がオクラとそっくりなので、
花オクラとも呼ぶのだとか。実もオクラと似てますが、堅くて食べられない
そうです。

20120908a.JPG

ハイビスカスにも形が似てて、どこかトロピカルな雰囲気の綺麗な花です。
トロロアオイとオクラとハイビスカス、同じアオイ科だから、似ているのも
なるほど納得と頷けますよね。

余談ですが、オクラって英名で、和名はアメリカネリっていうんですよ。
ネリってのはトロロアオイの根から取れる糊の事で、紙漉きの時に使う
添加剤の事だったそうで。
『ネリの元のトロロアオイと花が似てるから和名はアメリカネリのオクラ』
だったのに、紙は工業製紙になって、手漉き和紙は特別なものになって、
ネリもそんなに作られなくなってトロロアオイがマイナーになって、
『オクラに似た大きい花が咲いて、実でなく花を食べるから花オクラ』
になってたんですね。 初めて知りました…

でも、件のトロロアオイは花オクラすなわち食材として貰ったものなので、

20120908b.JPG

とりあえず調理。 沸騰したお湯に放り込んでさっと湯がきます。
この時、お湯が驚き通り越して笑えるくらい真っ黄色になります。
淡い色の花だったのに、どこにそんな色出すくらいの色素持ってたの!?
ファイト一発とか元気ハツラツとか愛情一本なドリンクくらいの黄色さと
言えばお分かりでしょうか、ほんと真っ黄色です。

20120908c.JPG

すぐ冷水にとり、水を絞っておひたしにしました。
大きい花だったけど花弁は薄かったので、こんなにカサが減っちゃった…
トロロアオイの名の通りにトロロっとした粘りがあって、さすがオクラの
仲間って感じがします。食感はシャキシャキとモギュモギュの間くらい。
ツルッとしたのどごしで、味は特にしないです。かけた醤油の味だけ。
これは好きかも…見てよし食べてよし!花オクラ!




posted by 立山農園 at 10:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。