2012年12月17日

雪囲いはお早めに…すればよかった


一口に雪囲いと言いましても、雪囲いには樹種樹形に対応して色々な型があります。
写真はとある大きな公園の雪囲い。
ツツジやサツキ等の低木の広い植込みには、丸太杭と竹を組み合わせた頑丈な
『棚囲い式』を使う事が多いです。
この写真の公園の場合、そこに柱を立て、松などにするような、『芯木吊り式』風の
装飾を施して見栄えよく仕上げてあります。

20121217a.JPG

当社、立山農園は公共の建物や街路樹、企業様の雪囲いも承っておりますが、
一番多いのはやはり個人のお客様の雪囲いです。
富山は湿った重い雪が降るので、お庭の樹木が折れないかと心配されるお客様から
雪囲いのご予約を頂き、11月半ば頃からせっせと作業に伺っています。
それでも、いつも雪囲いが終わる前に初雪が降りだし、ひどい年には雪かきしながら
雪囲いをするという困った事にもなるのですが…
今年はその、ひどい年に当ったようです。
天候不順で作業が遅れに遅れ、お客様にもご迷惑をおかけしてしまいました。

今年の雪は去年より随分と早く、しかもドカッと来ましたよね…
まさかこんなに積もるとは。 この三つ葉、これでも当社に10年厄介になってますが、
クリスマス前なのに雪に埋もれながら作業をしたのは3度ほどしかなかったような。

作業中(12月11日)の悲惨な様子↓

20121217b.JPG

そしてあれだけ降ったのに、12月17日現在、たったの1週間でその雪が全部溶けて
1枚目の写真の状態だったのが驚きです。 そういえば土日は暖かかったな…

この後クリスマス寒波でまた来るのでしょうが、今のうち!
天気予報に追い立てられる立山農園より、三つ葉でした。




posted by 立山農園 at 10:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。