2011年10月22日

花水木が見頃です


花は5月ですが、紅葉と赤い実で秋にも楽しめるお得感がありますね、ハナミズキ。
別名、アメリカヤマボウシ。

昔、アメリカに桜の木をプレゼントしたら、お返しに貰ったのがこのハナミズキで、
友好のしるしに公園などに植えられたのが広まった、というのが始まりだそうです。
なかなかの美談ですね。

20111022.JPG


花がヤマボウシと似ているのですが、実は似ても似つかないし、あと食べられない。
食べられないんです(大事な事なので2回言いました) 渋くて不味いです(食べた)

人間にとっては美味とは言い難いハナミズキの実ですが、
野鳥には好まれるようで、ヒヨドリやツグミ、ジョウビタキ等が食べるとの事です。
木の方も、種に果肉を付けることで、食べられても中身の種をガードしつつ、
遠くへ運ばれて新天地で芽吹くわけで…自然界のシステムすごい。

もう晩秋となってきましたので、鳥たちも冬を越す為の栄養源として
好き嫌いせずにせっせと食べているのでしょうか。




posted by 立山農園 at 10:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。