2012年03月23日

早春の香り

ジンチョウゲの花付き鉢植えが入荷してきました。
ツヤのある深緑の葉に、白やピンクのやや肉厚な花弁、そして何より、
(くんかくんか!)この爽やかな甘酸っぱいような匂い。春ですねぇ!

20120323.JPG

ジンチョウゲ、沈丁花は中国原産の常緑の低木で、雌雄異株ですが
日本には雄株ばかりが伝わって雌株が殆ど来ていないそうなので、
挿し木で増やして広まったものとの事です。
赤い実がつくらしいけど、結実したところでその実は有毒なので、
人間としては雌株とセットで伝わって来なくて良かったとも思います…

造園科のテキストでは移植の難しい木の代表格のように言われる木で、
植えるなら若い木のうちに、植えた場所からはまず動かせないので
慎重に土壌改良するようにと教えられました。
水はけ水もち共に良く、極端に日陰日向でない、そんな特等席なら
しっかり根を張って世話要らずの優等生になってくれますが…
どんな植物もだいたいそんな場所が好きだし、そう思うと沈丁花って
かなり気難し屋ですよね。鉢植えが無難かも。

それはさておき、(すーはーすーはー!)いい匂いです…




posted by 立山農園 at 11:00| Comment(0) | 日記